館内の施設案内山口誓子句碑

「満開の海の岩岩船遊び」の句

族館敷地内の海岸沿いに、
山口誓子(1901-1994)の句碑が建立されています。
京都出身で高浜虚子の弟子でもある山口誓子が、昭和35年に
越前松島を訪れた際、日本海の大な風景に心惹かれて詠んだ、
「満開の海の岩岩船遊び」の句が刻まれています。
ぜひ、風光明媚な越前松島の景色とともにご覧ください。

  

越前海岸の「越前松島」という名称地
が館内からご覧になれます。

東尋坊の岩と同じく
輝石安山岩の柱状節理が
ナナメに見られるのが特徴です。

銅板に刻まれた句碑が
岩盤にはめこまれています。

「満開の海の岩岩船遊び」とは、
まさに、この景色を
詠んだのでしょうね。

数十年もの間、
この景色はかわっていませんよ!

この銅板に刻まれた文字は
昭和40年に製作されました。

福井県の三国町で活躍された
ジャンクアートで有名な現代美術家
小野忠弘先生(1913-2001)の
作品です。


ホームへ